• FAQ/お問合わせ
  • マイページ
  • 会員ログイン
  • CFO FORUM
  • CHRO FORUM
  • CLO FORUM

マネジメント・アイ

  • icatch_management_eye

    経営アジェンダとしての組織開発 第5回「ラーニングジャーニーとしてのマネージャーの行動変容」 CHRO FORUM

    人材流動性が高まる中、メンバーの獲得、動機付けと成長支援、エンゲージメント、リテンションはマネージャーの重要な役割である。人材のパフォーマンスを引き出して事業を牽引できるマネージャーを確保し育成できるかどうかは、企業の人材競争力・経営競争力に直結する課題である。経営環境の不確実性が高まる中、たくみにメンバーを動機付け、成長を支援できる優秀なマネージャーの確保は、多くの企業にとって、死活問題といえるだろう。・・・(続きを読む)

  • icatch_management_eye

    経営アジェンダとしての組織開発 第4回「変革施策を企業文化へと昇華させるチェンジマネジメント」 CHRO FORUM

    パンデミックはもちろん、IT技術の爆発的進化によるビジネスモデルやZ世代以降の価値観、地政学的リスクなど様々なファクターにより、事業そのものや働き方が大きく変わってきている。しかし、これは何もここ数年だけの目新しい現象ではなく、激しく変化し続けることが前提になっていると考えるべきだろう。・・・(続きを読む)

  • icatch_management_eye

    経営アジェンダとしての組織開発 第3回「経営における変革のドライバーとしての企業文化」 CHRO FORUM

    パンデミックを契機とした、リモートワークやハイブリッド型ワークという新たな働き方の導入を受け、企業・組織の文化(カルチャー)に対する関心が高まっている。マーサーが組織・人材マネジメントの潮流について毎年実施する「グローバル人材動向調査」の2022年の調査結果では、企業文化に関連して以下のような回答が見られた。・・・(続きを読む)

  • icatch_management_eye

    経営アジェンダとしての組織開発 第2回「経営トップが主導する組織開発」 CHRO FORUM

    人的資本経営においては、人を通じた知恵の創出が企業競争力の源泉であり、人材と組織の両輪が効果的に回り続け、同時に担保されなくてはならない。そのためには企業価値創出に貢献するタレントを確保し、最大の効果を得られるよう配置・育成、動機付けすることが重要だ。・・・(続きを読む)

  • icatch_management_eye

    経営アジェンダとしての組織開発 第1回「組織開発の巧拙が、これからの企業の人材競争力に直結する」 CHRO FORUM

    「組織開発(Organization Development)」は、これからの企業の経営競争力・人材競争力を決定づける極めて重要な活動であり、CHROはもちろん、経営トップが自ら多くの時間を使ってコミットすべき最重要経営アジェンダの一つとなる。・・・(続きを読む)

  • icatch_management_eye

    経営者が求める法務部とは ─後編─

    私は20代の頃、アメリカの大学院でビジネスの基礎を学んだ。アメリカのビジネススクールでは、マネージメントやマーケティング、ファイナンス、統計学など経営に必要な知識とスキルを教わるが、同時に経営を支える考え方(ロジック)と戦い方(ビジネス法務)も教わる。私がよく覚えているのは、法務がいかに重要であるかを何度も繰り返し聞かされた点だ。・・・(続きを読む)

  • icatch_management_eye

    経営者が求める法務部とは ─前編─

    以前どこかの記事で、言葉以外の「ノンバーバル・コミュニケーション」を最も多用する国は、日本だというのを目にしたことがある。確かに日本人同士の意思疎通では、よく表情や口ぶりなどから相手の心情・本音を察する。・・・(続きを読む)

  • icatch_management_eye

    未来とマクロ環境:中期経営計画策定に必要な検討領域 CHRO FORUM

    スイスの⾷品、飲料のコングロマリットであるNestléは、マクロ環境の変化を捉えてビジョンや戦略を転換した好事例と言える。今日彼らはそのホームページの"Strategy"という項⽬で、"当社の成功は、栄養、健康、ウェルネスの戦略に基づいています。・・・(続きを読む)

1 / 1

このページの先頭へ