• お問合わせ
  • ご登録情報確認・変更
  • 会員ログイン

CFO FORUMトップへ

CFOFORUM

エッセンシャルズ

  • 53_essential

    BEPSによる国際税務のトランスフォーメーション
    二重課税リスク増大にどう備えるか

    BEPS(Base Erosion and Profit Shifting)は、一部の多国籍企業が国間の税制の隙間と不整合を使用して無税・低税率国へ所得を移転させ節税することの防止を目的にOECD主導でスタートし、2015年10月に最終報告書が公表された。・・・(続きを読む)

  • 53_essential

    リスクマネジメントのトランスフォーメーション
    ―CFOはリスクマネジメントの変革を迫られる―

    2003年度から有価証券報告書に事業等のリスク記載が求められたが、ちょうどこの年に経理部長に就任したので、悩ましい初仕事だった・・・(続きを読む)

  • 53_essential

    海外子会社管理のトランスフォーメーション
    ─グローバル最適経営の実現に向けて─

    日本企業は世界各地に29,000社もの現地法人を展開しているが(図1)、海外現地法人のガバナンスに関しては、欧米系のGHQ(グループ本社)がグループ内の主な決定権を保持する中央集権管理方式であるのに対し、・・・(続きを読む)

  • 53_essential

    会計基準のトランスフォーメーション ─日本企業はIFRSにどう向き合うか─

    IFRSは、2008年のサミットで「単一で質の高いグローバルな会計基準」として選ばれ、今や世界130の国・地域(図1)で適用されており、グローバル標準として定着した感がある。・・・(続きを読む)

  • 53_essential

    CFOが検討すべき税務部門のトランスフォーメーション

    今日、日本企業の税務部門は、コーポレートガバナンス改革とBEPSによる国際課税の見直し・・・(続きを読む)

  • 53_essential

    欧米から学ぶ、生産性を追求する財務経理部門

    PwCが2013年に行ったベンチマーク調査によると、財務経理機能の運営に要するコスト(人件費、アウトソース費など)を売上高比で分析した結果、先進企業は全企業の平均と比較して4割以上低いコストで運営されている。・・・(続きを読む)

  • 53_essential

    CFOにとっての会計システムの在り方 なぜ会計システムは経営トップの求める情報を提供できないのか

    「会計システム」のアウトプットといえば、財務会計・管理会計を問わず、過去の結果である実績数値を示すというのが、従来からの役割であった(予算という計画数値との対比という側面はあるものの)。・・・(続きを読む)

  • 53_essential

    強い本社と強い子会社を支えるガバナンス

    日本企業のグローバル化も進み業績改善が進んできたが、経済産業省が昨年8月に発表した伊藤レポートによれば日本企業の平均ROEは5.3%(2012年)にとどまり、欧米企業の水準にはまだ遠い。この格差は、事業収益率の低さ等さまざまな要因によるものと思われるが、ガバナンスに関し欧米企業に遅れをとっていることも一因と言えないだろうか。・・・(続きを読む)

  • title_images

    EPMの真の価値を引き出す4つの取り組み

    ビジネスの趨勢を先読みして的確な成長戦略を描き、これを確実に実行するためには、経営管理の基盤となる業績評価マネジメントの仕組みがうまく機能し、戦略の実行状況や将来予測といった経営に役立つ情報が、経営者層や現場の管理者に対して、早く、正しく、わかりやすく提供できている必要がある。・・・(続きを読む)

  • title_images

    業績評価マネジメントの見直しの必要性~まずはKPIの点検を~

    昨今、ビジネスのグローバル化や業界を跨いだ新規参入などによる競争環境の変化に伴い、先を読み通すことが難しい市場環境が続いている。このような状況下では、継続的な予測、見通しなどを通して、経営環境の変化を把握し、戦略の変更や計画値の見直しを迅速に行えるような業績評価マネジメントが求められる。・・・(続きを読む)

  • 53_essential

    グローバル企業にならう財務経理部門の変革の方向性

    PwCが2013年に行ったグローバルでのベンチマーク調査*によると、財務経理部門の社員の時間の使い方として、自社のビジネスの“先読み”、つまり洞察を行うための分析と提言にかけた時間の割合が2009年の調査時点と比して、40%も伸びている。世界のトップクラスの企業では、財務経理部門に求める役割として、ビジネスの成長や収益向上への直接貢献に比重を移すようになってきているという興味深い調査結果が得られた。これは財務経理部門が、間接部門としての“支援機能"から、企業全体としてより収益性を高めるようなビジネスモデルの変革をリードするよう変貌が求められていることを示唆している。しかしながら、当然この変貌には多大な努力が必要で、同じ調査の示すところでも社員の時間の実に3分の2はいまだレポートの作成とそのための数字集めに費やされている。さらに、調査対象である財務経理部門の社員の80%が、売上高の伸びや利益の将来予測の正確性が最も大切だと答えているにも関わらず、自社の予測精度が信頼できると回答した社員は、45%にとどまっている。・・・(続きを読む)

1 / 1

このページの先頭へ