• FAQ/お問合わせ
  • マイページ
  • 会員ログイン
  • CFO FORUM
  • CHRO FORUM
  • CLO FORUM

パラダイムシフト

  • icatch_paradigm_shift

    人材資本主義の新潮流
    第17回 サステナビリティ・トランスフォーメーション
    CHRO FORUM

    2023年2月に、経済産業省と株式会社東京証券取引所が、「サステナビリティ・トランスフォーメーション銘柄(「SX銘柄」)」の創設を発表した*1。・・・(続きを読む)

    掲載日:2024年5月7日

  • icatch_paradigm_shift

    人材資本主義の新潮流
    第16回 日本企業の無形資産価値
    CHRO FORUM

    世界的な産業構造の変化とともに、企業価値に占める無形資産の割合が高い企業が増えている。上場企業にとっては、PBR(Price Book-value Ratio:株価純資産倍率)が1倍の場合「企業価値=(有形)純資産」となり、1倍を超えると「企業価値=(有形)純資産+無形資産」となるため、PBRが1倍を大きく超えている企業が世界で増えているということである。オーシャントモ社の報告によると、S&Pダウ・ジョーンズ・インデックス社が公表している株価指数である「S&P 500」の構成銘柄である米国上場企業500社の企業価値に占める無形資産の割合は、1975年に17%であったのが、年々高まり、2020年には90%まで上がっている*1。・・・(続きを読む)

    掲載日:2024年3月1日

  • icatch_paradigm_shift

    人材資本主義の新潮流
    第15回 同一労働同一賃金の実現に向けての最新動向
    CHRO FORUM

    2023年5月に、EU(European Union:欧州連合)で男女間賃金格差透明化指令(Pay Transparency Directive)が成立した*1。EU法は、一次法(Primary Legislation)、二次法(Secondary Legislation)、判例(Case-Law)の3つに分けることができる。一次法は、EUの基本条約を指し、二次法は一次法である基本条約を根拠に制定される法令で、規則(Regulation)、指令(Directive)、決定(Decision)、勧告(Recommendation)、意見(Opinion)があり、EUの男女間賃金格差透明化指令は二次法の中の指令に当たる。・・・(続きを読む)

    掲載日:2024年1月10日

  • icatch_paradigm_shift

    人材資本主義の新潮流
    第14回 サステナビリティ報告における人的資本報告基準開発の最新動向
    CHRO FORUM

    2023年6月26日に、ISSB(International Sustainability Standards Board:国際サステナビリティ基準審議会)が最初の2つのIFRSサステナビリティ開示基準を公表した。IFRSはInternational Financial Reporting Standards(国際財務報告基準)の略である。ISSBは、2021年11月にIFRS財団の中に設立された審議会であり、世界で乱立していたサステナビリティ開示基準を開発する複数の団体、具体的には、IIRC(International Integrated Reporting Council:国際統合報告評議会)とSASB(Sustainability Accounting Standards Board:サステナビリティ会計基準審議会)が統合されたVRF(Value Reporting Foundation:価値報告財団)とCDSB(Climate Disclosure Standards Board:気候変動開示基準審議会)がISSBに統合された。・・・(続きを読む)

    掲載日:2023年11月1日

  • icatch_paradigm_shift

    人材資本主義の新潮流
    第13回 スキルのデジタル証明の広がり
    CHRO FORUM

    人的資本経営の実践においてスキルマップ活用が活発化しているが、それとともに、スキルのデジタル証明の活用が急速に広がっている。特に、1EdTech® Consortiumが策定した国際標準である「オープンバッジ」の活用が世界で広がっている。・・・(続きを読む)

    掲載日:2023年9月1日

  • icatch_paradigm_shift

    人材資本主義の新潮流
    第12回 スキルマップ活用の広がり
    CHRO FORUM

     人的資本経営を実践するに当たり、社内にスキルマップを作って活用する企業が増えてきた。筆者が審査委員長を務める「HRテクノロジー大賞」でもこの数年スキルマップを活用した企業の受賞が増えている。以下に、その受賞例を記す。・・・(続きを読む)

    掲載日:2023年7月3日

  • icatch_paradigm_shift

    人材資本主義の新潮流
    第11回 イノベーティブな組織づくりに求められるπ(パイ)型人材育成
    CHRO FORUM

    イノベーティブな組織づくりが人的資本経営の重要課題になっている企業が多く、投資家からみても新たな事業を生み出し続けられるイノベーティブな企業かどうかは投資判断の重要なポイントにもなっている。本稿では、筆者の経験を元に、イノベーティブな組織づくりのためのπ(パイ)型人材育成の重要性について記す。・・・(続きを読む)

    掲載日:2023年5月8日

  • icatch_paradigm_shift

    人材資本主義の新潮流
    第10回 イノベーション・マネジメントシステム
    CHRO FORUM

    企業が営む事業は大きく既存事業と新規事業に分けられる。現在、世界中で第四次産業革命が進行していることや、多くの既存事業の市場が成熟または衰退していることもあり、新規事業を創造して事業ポートフォリオをどう変革していくかが大きな経営課題となっている企業が多い。・・・(続きを読む)

    掲載日:2023年3月1日

  • icatch_paradigm_shift

    人材資本主義の新潮流
    第9回 “企業は人なり”を再考しよう
    CHRO FORUM

    経済産業省経済産業政策局産業人材課が、2020年1月17日に「持続的な企業価値の向上と人的資本に関する研究会」を開始し、6回の会合を経て、研究会の成果を2020年9月30日に「人材版伊藤レポート」として発表した。・・・(続きを読む)

    掲載日:2023年1月10日

  • icatch_paradigm_shift

    人材資本主義の新潮流
    第8回 人的資本可視化指針
    CHRO FORUM

    2022年2月1日に内閣官房で「非財務情報可視化研究会」が始まり、6月20日まで6回の研究会の開催を経て、8月30日に「人的資本可視化指針」が公表された。・・・(続きを読む)

    掲載日:2022年11月1日

  • icatch_paradigm_shift

    人材資本主義の新潮流
    第7回 ニューノーマルな働き方
    CHRO FORUM

    筆者は、2012年より、民間企業から研究資金を集めて経営学の受託・共同研究を行っている。産学連携の経営学版である。本稿ではその直近の研究成果の一部を紹介する。・・・(続きを読む)

    掲載日:2022年9月1日

  • icatch_paradigm_shift

    人材資本主義の新潮流
    第6回 増加する人的資本報告書
    CHRO FORUM

    人的資本開示の政策が各国・地域で検討されていることに相まって、人的資本報告をする企業が増えてきた。統合報告書やサステナビリティレポートの中で人的資本報告をする企業が多いが、昨今は、世界的に、統合報告書やサステナビリティレポートとは別に人的資本報告書を公開する企業が増えている。・・・(続きを読む)

    掲載日:2022年7月1日

  • icatch_paradigm_shift

    人材資本主義の新潮流
    第5回 COVID-19で重要性が押し上がったウェルビーイング
    CHRO FORUM

    人的資本経営を進める上で重要なKPI(Key Performance Indicator:重要業績評価指標)として、第3回ではコグニティブダイバーシティ、第4回では従業員エンゲージメントを取り上げた。第5回ではCOVID-19(Coronavirus Disease 2019)で重要性が押し上がったウェルビーイングを取り上げる。・・・(続きを読む)

    掲載日:2022年5月2日

  • icatch_paradigm_shift

    人材資本主義の新潮流
    第4回 人的資本経営の重要KPIとしての従業員エンゲージメント
    CHRO FORUM

    2017年3月28日に「働き方改革実行計画」が働き方改革実現会議決定されたが、これは労働政策としては重要な政策だが産業政策としては不十分であるとのことから、経済産業省は「働き方改革 第2章」と称して、2017年4月より産業政策としての産業人材政策を強化している。図表1に2017年度以降の経済産業省の産業人材政策検討のアクションの推移を示す。・・・(続きを読む)

    掲載日:2022年3月1日

  • icatch_paradigm_shift

    人材資本主義の新潮流
    第3回 イノベーティブな組織作りに重要なコグニティブダイバーシティ
    CHRO FORUM

    企業報告の基準を開発するVRF(Value Reporting Foundation)が、2019年9月に「Human Capital Project(人材資本プロジェクト)」を開始し、人材資本の開示基準の研究をしている*1。VRFは2021年6月にIIRC(International Integrated Reporting Council)とSASB(Sustainability Accounting Standards Board)が統合されてできた団体であるが、2021年11月3日に、IFRS(International Financial Reporting Standards)およびCDSB(Climate Disclosure Standards Board)と2022年6月に統合されることが発表された。・・・(続きを読む)

    掲載日:2022年1月14日

  • icatch_paradigm_shift

    人材資本主義の新潮流
    第2回 人材資本開示の政策動向
    CHRO FORUM

    2018年12月にISO(International Organization for Standardization:国際標準化機構)から出版されたISO 30414(Guidelines for internal and external human capital reporting:内部・外部への人材資本レポーティングのガイドライン)がさまざまな国の政策に影響を与えている。ISO 30414の出版を受けて、米国では、2020年2月21日に、連邦議会の第116議会(2019年1月3日~2021年1月3日)に「Workforce Investment Disclosure Act of 2020」という人材投資に関する開示の法案が提出された。・・・(続きを読む)

    掲載日:2021年11月1日

  • icatch_paradigm_shift

    人材資本主義の新潮流
    第1回 金融資本主義から人材資本主義へ
    CHRO FORUM

    2008年9月15日にリーマン・ブラザーズ・ホールディングスが経営破綻したことに端を発し、日本では通称「リーマンショック」と呼ばれる連鎖的に発生した世界規模の金融危機により、Financial capitalism(金融資本主義)が世界中で批判された。・・・(続きを読む)

    掲載日:2021年9月1日

  • icatch_paradigm_shift

    パラダイムシフトで働き方はどう変化するか
    第6回 ジェネレーションZがやってくる
    CHRO FORUM

    新型コロナウイルスを受けて、生活スタイルのさまざまな面で大きな変化が起こった。ただ、すべての世代が同じように変わったわけではない。・・・(続きを読む)

    掲載日:2020年12月1日

  • icatch_paradigm_shift

    パラダイムシフトで働き方はどう変化するか
    第5回 行き過ぎた金融資本主義から、真の価値追求の時代へ
    CHRO FORUM

    産業革命以降、大量生産/消費の仕組みが進み、消費がモノやサービスの価値を決定づけ、金融市場が価格をコントロールする世界ができ上がった。・・・(続きを読む)

    掲載日:2020年11月2日

  • icatch_paradigm_shift

    パラダイムシフトで働き方はどう変化するか
    第4回 認知バイアスからはじまるメンタルマネジメント
    CHRO FORUM

    真夏でもマスクをして出かけ、商業施設などではアルコール消毒や検温が当たり前になっている。1年前ではあり得なかったような光景や行動だ。マスク不着用を理由に入店拒否や諍いが起こっていることも、いかに私たちの生活にすっかり定着しつつあるかを物語っている。・・・(続きを読む)

    掲載日:2020年10月1日

1 / 21 2

このページの先頭へ