• FAQ/お問合わせ
  • マイページ
  • 会員ログイン
  • CFO FORUM
  • CHRO FORUM
  • CLO FORUM

グローバル・コミュニケーション

  • title_gc

    縦書きの思考と文化 CFO FORUM

    位置関係は重要である。同じ文言や標示でも、言う順序や掲載する位置によって伝わるメッセージが変わったり、優先順位が変わったりする。・・・(続きを読む)

  • title_gc

    【特集】グローバルコミュニティと世界諸英語論 CFO FORUM

    互いの違いを認め合う、多様性を尊重するということが広く求められている。多文化共生社会の推進という方向性に疑義を唱える声はないだろう。・・・(続きを読む)

  • title_gc

    ことばに見る意味と価値の広がり CFO FORUM

    2022年11月15日から18日にかけてフランスのパリで国際度量衡総会(Conférence générale des poids et mesures (CGPM)、英: General Conference of Weights and Measures)が開催される。・・・(続きを読む)

  • title_gc

    国フェス探訪 CFO FORUM

    先月、バンコクの中心地、サイアムパラゴンで3年ぶりに開催されたバンコク日本博を視察した。日本各地でタイフェスが開催されているように、タイでも日本を紹介するイベントが毎年、各地で華やかに開催されている。筆者(猿橋)は、これらの国の文化をまるごと紹介するようなイベントを「国フェス」と総称して調査、研究を続けている。・・・(続きを読む)

  • title_gc

    察しと言明のあいだ CFO FORUM

    日本では、相手が何を期待、愛好しているのか、あるいは敬遠、嫌悪しているかを察知して、それに適切にこたえることが美徳とされている、とよくいわれる。・・・(続きを読む)

  • title_gc

    よりよい多言語話者間のコミュニケーションに向かって CFO FORUM

    看護・介護系の国際学会の運営をつとめる知人から、多言語話者間のコミュニケーションについて相談を受けた。英語で進められる運営会議には、英語を母語とする人と母語としない人とがおり、どうしても英語を母語とする人の発言力が強くなってしまうのだという。・・・(続きを読む)

  • title_gc

    言語政策を考える枠組み CFO FORUM

    一般論として、日本には言語政策がない、あるいは明瞭かつ戦略的な言語政策が存在しない、という指摘を聞くことがある。これらの指摘には、主に以下の3つの言語面の特徴や課題が関連していると考えられる。・・・(続きを読む)

  • title_gc

    多様性のマネジメント
    国際化・グローバル化・トランスナショナリズム
    CFO FORUM

    企業はその業種や事業規模にかかわらず、多かれ少なかれ国際性を備えている。もはやグローバル化と無縁の企業など、皆無である。「国際化」や「グローバル化」と似た概念に「トランスナショナリズム」がある。・・・(続きを読む)

  • title_gc

    多言語社会・日本
    ─2022-2032「先住民言語の国際の10年」に向けて─
    CFO FORUM

    国連は2022年から2032年までを「先住民言語の国際の10年(The International Decade of Indigenous Languages)」と定め、先住民言語の保護と活性化のための行動を促している。・・・(続きを読む)

  • title_gc

    社会空間に書き込まれる文字と意味
    ─多言語掲示のヒントとして─
    CFO FORUM

    言語学者であると言うと、たいがいの人からは語彙を豊富にもっていそうだとか、語の由来や語源に詳しそうだとか、スピーチやプレゼンのコツを知っていそうだと目されることが多い。・・・(続きを読む)

  • title_gc

    多様性が尊重される企業
    ─エントリーシートのジェンダー項目から考える─
    CFO FORUM

    国際ビジネスの現場では、国籍や人種、言語はもちろんのこと、性や障がい、働き方など個人レベルのさまざまな多様性が尊重されることが求められている。・・・(続きを読む)

  • title_gc

    言語が交わるとき CFO FORUM

    2つ以上の言語が出会うとき、より正しくは話者が出会って2つ以上の言語が行き交うような状況になったとき、それらの言語は混じり合い新しい表現が作り出されていく。・・・(続きを読む)

  • title_gc

    Extremely Short Storiesを書く
    ─企業内英語研修のなかで─
    CFO FORUM

    多くの日本人はビジネスや国際協力の活動を通じて、世界の人びとと交流し、相互理解に努めたいと願っている。その相互理解は、お互いに自分のことを相手に説明できて初めて成立する。・・・(続きを読む)

  • title_gc

    英語は自己表現のことば CFO FORUM

    従前は、日本は理解しがたい国(Japan is an inscrutable country.)などと、外国でよく言われた。日本人は何を考えているのか、よくわからないというのである。・・・(続きを読む)

  • title_gc

    ことばの教示的機能について CFO FORUM

    現代社会は個人の尊厳を尊重し、差別をしないという大原則を打ち立てた。これは多文化共生社会で、極めて重要な価値観になっている。・・・(続きを読む)

  • title_gc

    多様性のマネジメント
    ─点字表示と多言語対応から考える─
    CFO FORUM

    大阪府吹田市の国立民族学博物館で「ユニバーサル・ミュージアム・・・(続きを読む)

  • title_gc

    国際観光の再開に備えた言語・コミュニケーションを考える
    ─オンラインイベントからの懸け橋─
    CFO FORUM

    新型コロナウイルス感染症の世界的な流行以来、旅行業、とりわけ国際観光は大幅な制約が続いている。旅行関連業界は、ただ事態を悲観しているわけではなく、動画配信やオンラインイベントなど、デジタル領域を駆使しつつ再開に備えている。・・・(続きを読む)

  • title_gc

    ことばと思考・暗示・行動 CFO FORUM

    「十年に一度の嵐が毎年来るんだから、まったくやってられない」──外洋を航海する大型船舶の船員が思わず漏らした愚痴である。これを聞いた時、社会言語学者である私は、航海の様子や、嵐に遭遇した時の船員達の対応、そして誰にとっても重要である異常気象の問題より、この表現に耳を奪われた。……「十年に一度」が「毎年」来る?・・・(続きを読む)

  • title_gc

    グッドリスナーになる CFO FORUM

    ビジネスコミュニケーションでは、自分の意思をはっきり述べるとともに、相手の話をしっかり聞くことが大切である。近頃は、自己主張する人は増えているが、他人の話を聞く人は少なくなっている。・・・(続きを読む)

  • title_gc

    インドビジネスあれこれ CFO FORUM

    インド人は商い上手といわれる。これは企業のビジネスパーソンだけではなく、街の商人にもいえる。特に、彼らは交渉力に長けている。値段交渉などでは、お互いに言い分を積み重ね、自分のほうを有利に導く努力をする。商店で、店主とお客の交渉を聞いていると、実におもしろくて飽きることはない。・・・(続きを読む)

1 / 41 2 3 4

このページの先頭へ