• FAQ/お問合わせ
  • マイページ
  • 会員ログイン
  • 経営 人×財 FORUM
  • CFO FORUM
  • CHRO FORUM

CFO FORUMトップへ

CFOFORUM

51_survey_t_img

財務マネジメント・サーベイ

FP&A(経営・事業の企画管理)機能の
強化に向けた実務面の課題を考える

石橋 善一郎

日本CFO協会主任研究委員兼FP&Aプロジェクトリーダー

はじめに

 2020年7月に日本CFO協会主任研究委員、池側千絵氏によって報告された財務マネジメント・サーベイ「業績への貢献に向けたFP&A機能(経営企画 / 管理会計)における現状と課題」は、「日本企業におけるFP&A組織を整備し、FP&A機能を高めることが、日本企業の稼ぐ力を高めることにつながるのではないだろうか?」という課題を設定した。サーベイの結果として、支援する組織の業績目標達成に貢献するFP&Aが「ビジネスパートナー」として果たすべき役割、および必要とされる知識・スキルを以下の通り提示した。

役割
●支援する組織を、業績目標達成と収益性向上へ導く
●情報提供に分析や提案も加え、意思決定の質を改善するビジネスパートナー
●事業を理解し、支援する組織の日々の活動や意思決定に寄り添う

知識・スキル
●支援する組織の課題を分析・見える化し、解決策を提案し、行動を起こさせる力
●戦略・中期経営計画・利益計画の策定と進捗管理、業績管理の知識・スキル
●投資計画の目標達成を支援するためのファイナンス・意思決定の知識・スキル

 本サーベイでは、「FP&A(経営・事業の企画管理)機能の強化に向けた実務面の課題を考える」をテーマに、FP&Aが果たすべき「ビジネスパートナーとしての役割」と「マネジメントコントロールシステムの設計者および運営者としての役割」の2つの役割に関して、どのような実務面の課題があるかを検討する。

2020年10月15日

このページの先頭へ