• FAQ/お問合わせ
  • マイページ
  • 会員ログイン
  • 経営 人×財 FORUM
  • CFO FORUM
  • CHRO FORUM

CFO FORUMトップへ

CFOFORUM

title_gc

グローバル・コミュニケーション

ダイバーシティと手話言語

本名 信行

青山学院大学名誉教授
一般社団法人グローバル・ビジネスコミュニケーション協会代表理事

猿橋 順子

青山学院大学教授
一般社団法人グローバル・ビジネスコミュニケーション協会理事

企業と手話

 企業や行政は、いろいろな意味でマイノリティの立場にある人びとの、社会参加を支援する義務がある。彼らを雇用したり、顧客として適切に対応できる環境を整備することが求められる。ここでは、ろう者(聴覚障害者)に焦点を当てて話を進める。ろう者はろう者どうしの、そして健聴者とのコミュニケーションで手話言語を必要としている。

 手話はろう者の母語といってもよい。ろう者は家庭、学校、職場などで、自由で、創造的な生活を送るために手話を使い、さらに手話のできる健聴者のアシストを求めている。特に、企業や行政では、手話のできる人材を雇用し、適切に配置する工夫が期待される。

手話とは何か

 手話の意義をしっかりと考えるためには、人間の言語とはどういうものか、そしてろう者にとって手話とはどういう言語かについて、十分に理解し、確固たる知識をもたなければならない。人間は生物学的特徴として、「言語」をもって生まれてくる。失聴はこの「言語」とはほとんど関係がない。聞こえを失うと話しことばの習得は困難になるが、そのかわりに手話の獲得を促す。

2020年10月15日

このページの先頭へ