• お問合わせ
  • ご登録情報確認・変更
  • 会員ログイン

CFO FORUMトップへ

CFOFORUM

ir

  • icatch_IR

    明日をめざすIR活動④
    IR活動の効果測定を考える

     IR(投資家向け広報)は2008年、広辞苑第6版に採録された。IRが日本の新聞記事に初めて登場したのは1987年だから、ほぼ20年でIRという語彙が広く世の中に浸透し、認知された証(あかし)だ。実際、「IRの実態調査2014」(日本IR協議会、回答1,029社)によれば、IR活動を行っている企業は96.6%(994社)に達する。もう企業のIR活動は当たり前である。IR専任者のいる企業は76%(754社)で、独立した部署のある企業も47.5%(472社)と半数に迫る。企業業務としてのIR活動もその成果を問われ、評価の対象である。今回は、その成果の測定を取り上げよう。・・・(続きを読む)

  • icatch_IR

    明日をめざすIR活動③ 広がるIRサイトの可能性

    いま、企業ウェブサイトの掲載情報にアクセスしないで毎日の仕事ができるという証券アナリストも、資産運用担当者も、個人投資家も、金融メディアもいないだろう。今回は、IR活動で先行する米国を例に、企業ウェブサイトにおける情報発信の現状と課題を考えてみよう。・・・(続きを読む)

  • icatch_IR

    アニュアルリポートの非財務情報と 英国IR協会のベストプラクティス・ガイドライン

    IR(投資家向け広報)関連の文書は多い。法令や取引所規則による有価証券報告書や決算短信、コーポレート・ガバナンス報告書、各社が独自に編集するアニュアルリポートや株主通信、環境報告書、CSR(企業の社会的責任)報告書などである。後者の文書で、各社がとくに力を入れるのはアニュアルリポートである。・・・(続きを読む)

1 / 1

このページの先頭へ