• お問合わせ
  • ご登録情報確認・変更
  • 会員ログイン

CFO FORUMトップへ

CFOFORUM

リスクのテイクと
管理を混同するなかれ

森本 紀行

HCアセットマネジメント株式会社
代表取締役社長

 どのような事業を営むにしても、リスクはある。事業とは、そもそもリスクをとること、即ちリスクテイクのことである。では、リスク管理とは何か。リスク管理でいうリスクとは、リスクテイクに付随する諸リスクのことであって、リスクテイクでテイクされたリスクそのものではない。しかし、テイクされるリスクと管理されるべきリスク、あるいはリスクのテイクと管理は常に混同されている。両者の峻別を徹底するだけで、どれだけ日本の経済がよくなることか。

意図したリスクと意図しないリスク

 リスクテイクのテイクは、単にリスクをとることではなくて、明確な意図をもってリスクをとることである。この意図をもって自覚的にとることを簡潔に表現する適当な漢語がないので、片仮名のリスクテイクで定着しているわけである。しかし、敢えて日本語を当てれば、意図的な企てという意味で企業である。企業は法人を意味するようになっているが、原点において起業され、事業を企て、事業を営む法人だから企業なのである。

2018年6月15日

このページの先頭へ