• お問合わせ
  • ご登録情報確認・変更
  • 会員ログイン

CFO FORUMトップへ

CFOFORUM

title_forumjapan2016

» 「第16回CFOフォーラム・ジャパン2016」の詳細はこちら

分科会4:プロフェッショナル・セッション セミナーホールA
TPP・FTA等の通商ルールが経営に与えるインパクトを紐解く

2016_profile_photo15

羽生田 慶介

デロイト トーマツ コンサルティング合同会社
執行役員 / パートナー
レギュラトリストラテジー リーダー

TPP(環太平洋パートナシップ)やAEC(ASEAN経済共同体)の実現、英国のEU離脱など世界の通商動向は大きく変化している。激変する通商ルールへの対応の巧拙は、グローバルビジネスにおける企業の当期利益にも中長期的な競争力にも大きな差を生む。またTPPでは新たにコンプライアンス対応が求められるルールが組み込まれたこともあり、発効までに社内体制を整えなくては大きなリスクが生じるだろう。本講演ではこれらに対応する方策・ツールを説明していく。

2017年2月15日

このページの先頭へ