• お問合わせ
  • ご登録情報確認・変更
  • 会員ログイン

CFO FORUMトップへ

CFOFORUM

ma

  • icatch

    M&Aと経営判断の原則

    取締役は会社に対して善管注意義務を負っているが、多くの裁判例は、取締役の経営判断に係る善管注意義務違反の有無が問題となる場面において、概ね以下の二つの基準において違反の有無を判断している。・・・(続きを読む)

  • icatch

    M&Aにおける財務と法務

    M&Aにおいては多くの専門家や社内の関係部署が係ることになるが、その連携やチームワークが十分発揮されているケースはまだ少ないと思われる。・・・(続きを読む)

  • icatch

    M&Aにおける知的財産デューディリジェンスの重要性

    IoT、ビッグデータ、AIなど第4次産業革命と言われるような急速な技術革新が起こって・・・(続きを読む)

  • icatch

    ベンチャー企業のM&Aにおける留意点

    ベンチャー企業が成長するためには、自社の資源だけではなく、他社の資源を・・・(続きを読む)

  • Chess

    危険がいっぱいの海外M&A

    弁護士から見たCFOが知っておくべきM&Aの法的問題について、これから6回にわたって・・・(続きを読む)

  • icatch

    M&Aとガバナンス① 買収防衛策がなぜ問題となるのか

    コーポレートガバナンス・コードの導入に伴い、企業統治のあり方に注目が集まっている。ガバナンス先進企業と言われた東芝の粉飾決算問題もあり、実効性あるコーポレートガバナンスについてはしばらく議論が続きそうだ。ここでは、M&Aを中心に置きながら、関連するコーポレートガバナンスの課題を考察してみたい。まずは買収防衛策である。・・・(続きを読む)

  • Chess

    グローバルM&Aが失敗する理由⑤ [無料公開記事]

    企業理念という「不変の軸」は重要だ。しかし、「あるだけ」では不足である。日本企業の現状を見ると、この点に関する課題は以下の3点に集約されるように見える。・・・(続きを読む)

  • icatch

    グローバルM&Aが失敗する理由④ [無料公開記事]

    グローバルM&Aが失敗する理由――「ガバナンス」、「左脳」のプラットフォーム構築、に続いて、今回は「右脳」のプラットフォーム=理念的な企業価値の向上を目指す仕組みや仕掛け、の充実に関して考える。といっても、今回はまず「企業理念」の“おさらい”に集中しよう。・・・(続きを読む)

  • Chess

    グローバルM&Aが失敗する理由③

    グローバルM&Aが失敗する理由――それは多くの場合、買収を行おうとしている企業自身の内部に潜んでいる。前回は、買収対象企業に対して正しくガバナンス能力を発揮できているのかという点を考察した。次に必要なのは、そのガバナンスを支えるプラットフォームである。これには「左脳」のプラットフォーム=経済的な企業価値の向上を目指す仕組みや仕掛けと、「右脳」のプラットフォーム=理念的な企業価値の向上を目指す仕組みや仕掛け、の双方がある。まずは「左脳」から見ていこう。・・・(続きを読む)

  • Chess

    グローバルM&Aが失敗する理由②

    前回、グローバルM&Aにおける失敗の大部分は、子会社に対するガバナンス意識および能力の欠如にあり、ガバナンスを発揮するためには、そのためのプラットフォームが必要であると述べた。では、実際にどういったものが必要なのだろうか。 ・・・(続きを読む)

  • Chess

    グローバルM&Aが失敗する理由

    「次世代に向けての成長」──重要なテーマであるが、取り組みは難しい。自信のない経営者ほど“青い鳥”を探す。「グローバル化により新しい市場を開拓します」。そのために、「海外企業のM&Aを加速します」。そして、その多くは失敗する。・・・(続きを読む)

1 / 1

このページの先頭へ