• お問合わせ
  • ご登録情報確認・変更
  • 会員ログイン

CFO FORUMトップへ

CFOFORUM

ペンション・マネジメント

  • pention_t

    年金運用における新興国株式市場へのアプローチ

    グローバルな資金フローが世界経済の基本的方向性を大きく左右する度合いが高まっている。2008年のリーマンショック後の米国連銀によるQE(量的金融緩和)の導入は、米国・世界経済のデフレスパイラル回避を主眼にしたものだが、これによる流動性供給がもたらした新興経済国(15大途上国)への資本流入は、2009年7月から2014年6月までの5年弱で2.2兆ドルという膨大な額に達した。・・・(続きを読む)

  • pention_t

    米国企業のDB(確定給付)年金の運用・リスク管理について

    米国の年金市場の規模(P&I誌1000大年金プラン調査、2014年9月)は、DB(確定給付)型プラン6.0兆ドル、DC(確定拠出)型プラン3.0兆ドルの9兆ドルに達している。・・・(続きを読む)

  • pention_t

    新年度の年金資産運用に向けての基本的考え方

    グローバル経済の現況を俯瞰すると、米国を中心とした景気好調持続グループと欧州・発展途上国など下降・停滞色を強めるグループの二極化の様相を呈している。一方、日本経済は回復基調をキープしているものの足踏み状況が長引いており、言わば両者の中間的状況にある。グローバルな資金フローが新興経済国から米国への回帰傾向を強める中、米ドルの上昇トレンドや商品市況の低落傾向が持続しているのも、こうした実体経済の状況を顕著に反映したものであろう。以下では、新年度に向けて年金基金の資産配分戦略を考えるに際しての投資環境認識およびアプローチに関する主要な論点を述べてみたい。・・・(続きを読む)

  • pention_t

    年金資産構成割合に関する注記開示について

    退職給付会計基準が改正され2014年3月期の本決算から、年金資産を保有している上場企業に、年金資産の構成割合に関する注記開示が求められることとなった。資産運用の収益率は、その約8~9割が資産構成割合によって決まるとされており、極めて重要な開示情報と言えるだろう。・・・(続きを読む)

1 / 1

このページの先頭へ