• お問合わせ
  • ご登録情報確認・変更
  • 会員ログイン

CFO FORUMトップへ

CFOFORUM

compass_title

ガバナンス・コード改訂で
「株式持ち合い」が消えていく

磯山 友幸
経済ジャーナリスト

 「コーポレートガバナンス・コード」の改訂版が2018年6月から施行される。ガバナンス・コードは2015年6月に施行されたから、丸3年を経て初めての改訂となる。企業経営者と機関投資家の「対話」の促進に重点が置かれ、「投資家と企業の対話ガイドライン」も同時に公表されているが、何と言っても影響が大きいのは、「持ち合い株式の削減方針の明確化」だ。

 持ち合いは日本的経営を支える仕組みとして賞賛された時代もあったが、近年は、企業の資本効率を悪化させる元凶のひとつとされ見直しが求められてきた。また、持ち合いによって機関投資家など他の株主の発言権を封殺しているとして、投資家と企業の対話を阻害していると批判されている。

 今回の改訂版では、持ち合い株式、つまり「政策保有株」に関する「原則」が大きく変わった。

2018年5月15日

このページの先頭へ