• お問合わせ
  • ご登録情報確認・変更
  • 会員ログイン

CFO FORUMトップへ

CFOFORUM

solution

Solution

デジタル&ボーダレス時代の企業価値の設計者としての
経理・経営管理部門のミッション

デジタル&ボーダレス時代の
経営基盤としての次世代ビジネスサービス

稲葉 啓介

アクセンチュア株式会社
通信・メディア・ハイテク本部 財務・経営管理グループ
マネジング・ディレクター

 前回までの寄稿に続き、「デジタル&ボーダレス時代の企業価値の設計者としての経理・経営管理部門のミッション」を議論していきたい。4回目は「デジタル&ボーダレス時代の経営基盤としての次世代ビジネスサービス」をテーマに、事業活動と企業価値向上を下支えする経理・経営管理部門の役割をとりあげる。

日系企業が直面する課題

 国内市場の飽和を受けて、M&Aなどを通じた日系企業の海外進出が増えている。しかし、残念ながら日系企業に関しては、特に海外現地法人に関する会計不祥事のニュースが多くのメディアを騒がせている。不祥事の内容は各社さまざまであるが、こういったガバナンスに関する問題は、ひときわ多く発生しているように見受けられる。

 ひとたび会計不祥事が起きると、とかく経理・経営管理・監査等の部門が注目を集めるが、これらの不祥事は必ずしも経理だけの問題ではなく、その原因となるリスクはプロセスの上流で発生していることが多い。上流での適切なチェックが機能しないまま下流でも検知できず、結果として会計不祥事として露見しているのだ。

2018年4月16日

このページの先頭へ