• お問合わせ
  • ご登録情報確認・変更
  • 会員ログイン

CFO FORUMトップへ

CFOFORUM

68_kouen2_01

近澤 卓 氏

近澤 卓

トヨタ自動車株式会社
財務部資金管理室長

日置 圭介 氏

日置 圭介

デロイトトーマツ コンサルティング合同会社
グローバル マネジメント インスティテュート執行役員
早稲田大学大学院
会計研究科非常勤講師
日本CFO協会主任研究委員

キャッシュがあれば財務は不要?

日置 トヨタ自動車の近澤さんと日本企業における財務マネジメントの高度化について、お話していきたいと思います。まず、近澤さんのお考えになるトレジャリーのあり方等、自己紹介を含めてお話しいただけますか。

近澤 財務部は日ごろ目立たない存在ですが、実は会社の血液のようなものだと実感しています。うまく血液が流れている会社とそうでない会社とでは大きく異なると思っています。
 成長戦略で会社が大きくなっていくその横で、財務戦略を考え実行する部隊がなければ締まるところも締まらない。人間にとっても夢はとても大事だし、事業も夢を求めてやるのはいいのだけれど、最後には金勘定が合わなければ夢も事業も画餅です。
 財務は実務といろいろなところでつながりながら、マーケットを見て、環境を見て、ちょっと先を見て仕事をします。経理と財務の違いを肌間隔で言えば、今起きていること、起きたことを分析して情報を出すのが経理で、将来こんなことが起きそうだと、キャッシュフローの先を見て判断するのが財務ではないかと思います。
 財務部の機能は会社によってさまざまですが、おそらく大きく二つに分かれると思います。一つは、会社のビジネスの近くでさまざまな商流の中でビジネスをサポートしていくコーポレート的な部署。もう一つは、為替や運用といったマーケットに近い部署です。ちなみに、私自身は財務の仕事に就いた当初は後者の仕事を中心に行っていましたが、現在の業務内容はもっぱら前者です。
 最近、東京に出張してさまざまな方からお話を聞かせていただき、「このままの財務部ではいかんな」と感じました。本日のような機会に、専門家の方、外資系企業の方、日本の有名企業の方、財務出身でCFOになられた方を含めて、いろいろな方に会う機会を持つことが大切だと改めて感じています。私も勉強している最中で、わからない中で錯綜しながらやっています。

2016年3月15日

このページの先頭へ