• お問合わせ
  • ご登録情報確認・変更
  • 会員ログイン

CFO FORUMトップへ

CFOFORUM

201409_kokusai-zeimu_title

はじめに

 税務戦略の巧拙の分析目的から注目すべき調整項目は(1)試験研究費等の特別税額控除等、(2)在外子会社の税率差異、(3)評価性引当額、(4)永久に益金(損金)に算入されない項目の4つである。今回は、3番目の評価性引当額について検討する。分析の対象とする企業は、前回と同じ企業に対して行う。つまり、クラレ、積水化学工業、日東電工、ユニ・チャームの4社である。それら企業の税金に関わる脚注情報は下図の通りである。なお、分析目的から筆者が表記を一部変更していることに留意願いたい。

201409_kokusai-zeimu_01

2014年9月16日

このページの先頭へ