• お問合わせ
  • ご登録情報確認・変更
  • 会員ログイン

CFO FORUMトップへ

CFOFORUM

leagal_title

競争法・贈賄規制のコンプライアンス

宇都宮 秀樹

弁護士
森・濱田松本法律事務所 パートナー
[ご連絡先]
TEL:03-5223-7784
E-MAIL:hideki.utsunomiya@mhmjapan.com

 現在、カルテルや外国公務員に対する贈賄は、日本企業にとって、かつてないほど大きなリスクとなっている。CFOとしても、そのリスクを十分に把握し、職責を果たす際に留意することが求められているといえる。そこで以下では、リスクの概要と、必要なコンプライアンス態勢について述べる。

顕在化しているリスク

1. 多重的な制裁

 カルテルや外国公務員に対する贈賄は、多様な制裁が重畳的に科されることに特徴がある。まず想起されるのは、海外当局による高額な制裁金の賦課であるが、従来は調査・制裁の主体は米国や欧州の当局に限られていたのが、近時は各国の当局が調査・制裁に乗り出すことが一般的になっている。

2015年2月16日

このページの先頭へ