• お問合わせ
  • ご登録情報確認・変更
  • 会員ログイン

CFO FORUMトップへ

CFOFORUM

リスクマネジメント

神林比洋雄

プロティビティLLC最高経営責任者兼社長
日本CFO協会主任研究委員

成長を支えるリスクカルチャー

リスクカルチャーを強化する

 最近、リスクカルチャーという言葉を目にする機会が増えてきている。そこでは、リスクマネジメントの基盤として重要な役割を果たしていることから、しっかりと醸成すべきであるという論調が多い。リスクカルチャーとは不思議な言葉である。カルチャーという言葉からは、社風とか文化という言葉が思い浮かぶ。したがって、リスクカルチャーは企業の姿勢やあり方につながることから、現在、社内では一般的ではないかも知れないが、どの組織においても既に身近に存在しているともいえる。しかしながら、その重要性については誰もが理解するものの、具体的に何を意味し、改善が必要となれば何をどうすればよいのかについてはあまり理解されていないようである。

 今回は、企業のリスクマネジメントを着実に牽引するリスクカルチャーとはどのようなものなのか、望ましいリスクカルチャーへの成熟度を高めるにはどうすればよいのかを検討する際に考慮すべき事項について考察する。

2014年11月14日

このページの先頭へ