• お問合わせ
  • ご登録情報確認・変更
  • 会員ログイン

CFO FORUMトップへ

CFOFORUM

title_analysis

アナリシス

日本企業の海外M&Aはなぜ失敗するのか?

細野 祐二

会計評論家

 M&Aマーケットでは、一般に、海外買収の成功率は2~3割程度と言われている。デロイトトーマツ・コンサルティングが2017年末に経団連加盟企業145社に対して行った調査によれば、海外M&Aを実施した日本企業のうち「成功」と回答した比率は37%、「失敗」は21%、「どちらともいえない」は42%であったと報道されている。これら主観的評価に対して、日経平均採用企業を中心とする上場企業約600社の主要な海外M&Aの成功率をフロードシューター(IT型財務諸表危険度判定プログラム)で算定すると、その成功率は24%となる。

2018年9月18日

このページの先頭へ